addCoffee お菓子厨房

Kagoshima Patisserie

タイムリミット40分のカヌレ [保存版]

心に刻まれるお菓子を食べたい?
だったらこのカヌレを試してください

フランス伝統菓子である『カヌレ』の、もっとも美味しい瞬間のお話です。

カヌレの賞味期限

カヌレ・バニラ - 鹿児島カヌレ

伝統的なカヌレは味もさることながら、外側カリッと中モッチリの食感ギャップが魅力です。
焼きたての熱々カヌレは全体がグニャグニャ柔らかいのですが、熱が取れていくにつれ外側が徐々に固くなっていきます。
そして、いちばんの食べどきが“冷めたて”です。

そのカリッとした食感は、生地や外気の湿気を吸って徐々に柔らかくなっていきます。乾燥した日で半日ほど持ちます。
雨の日など、湿度が高い日は固くなる間も無く湿気を吸ってしまいます。
正確には、消費期限は3日ほど、賞味期限は数時間でしょうか。
例えば、生クリームケーキも冷蔵保存で次の日も食べられますが、スポンジは水分が抜け、生クリームはダレて、およそ作りたてには程遠くなるのと同じです。

オーセンティックな『カヌレ・バニラ』だけは、『焼き戻し』で美味しい瞬間を再現できます。
オーブン180℃予熱後、7分。
オーブントースターは、熱源が近くまちまちなので一概に言えませんが、大体、3~5分を目安にしてください。
そしてオーブンから取り出し、30分後くらい、カヌレが完全に冷えて外側が硬くなったらOKです。

進化系カヌレの場合

進化系カヌレ』は、チョコレートをコーティングしたり、生クリームを詰めたりするので焼き戻ししません。
また冷蔵管理により早くから外側も柔らかくなるので、しっとり材料の贅沢を楽しみます。
こちらも購入日より、冷蔵保存で3日ほどとなっていますが、できるだけ早いお召し上がりをお勧めします。

カヌレ・チョコラ - 鹿児島カヌレ

進化系カヌレの真骨頂

ところで進化系カヌレは、“冷めたて”を見計らいチョココーティングなど仕上げます。つまり仕上げた直後は、その贅沢な材料に外側のカリッとした触感ギャップが加わるというこの上ないカヌレとなるのです。

タイムリミット40分 ・・・。
パティシエだけがコッソリ食していた最高のタイミングで、これが『進化系カヌレ』のもっとも美味しい瞬間です。

カヌレは、オーブンを1時間以上も占領し、冷めるのに40分という、複数の仕上がりタイミングを合わせるとはなかなかの難題ですが、しかし、addCoffeeではカヌレの最高の瞬間をお届けできないか ・・・ 試行錯誤しました。
8個以上のご予約で調整可能です。

クリームカヌレ』は、今回は致し方なく外させていただきます。
1回の製造が1種14個以下ではロスが大きくなり、現在の価格を維持できないためです。
需要次第となりますが、将来は、クロワッサンみたいに販売時間を決めることで可能なのかな ・・・ と考えています。

こんなカヌレ、興味わきません?

カヌレってどんな菓子だろう・・・という方から、カヌレと聞けば何処まででも追いかけていくというカヌレホリックまで、是非お試しください。
知ってしまえば、それを求めてもなかなか出会わない ・・・ 知らなければ ・・・ ということもあるかも知れません。
あなたはどちらのタイプでしょう?

  • グルメにはあまり興味わかない
  • カヌレのもっとも美味しい瞬間とやらを知ってしまったからには・・・と電話を取りたくなる

リミット40のカヌレ

ご希望はお電話にて“addCoffee”がお受けいたします。
お受け取りに3日間の余裕をもってご連絡ください。
あとこのサービス、注文状況によりご予約に時間をいただく場合もあります。

お電話のさいは、このページを見たとおっしゃってください。合言葉は『リミット40』です。

099-807-2188

099-807-2188